LCCはなぜ安い?

LCCとは low-cost carrierの頭文字をとったものです。
日本語訳にしますと格安航空会社です。
英語圏では「no-frlls airline」「budget airline」とも呼ばれています。
さて、日本では航空業界の規制緩和を受けて2000年代後半からこのような格安航空会社が、参入し始めました。
飛行機の旅は以前では贅沢なものでありましたが、時間を優先させたいビジネスマンからしてみますと、速いが値段が高く利用しにくいという欠点がありました。
また、日本人特有の過剰なサービスによって、日本国内を飛行機で飛び回るだけでも莫大な料金がかかるデメリットがありました。
ですから、余分なサービスを除き移動にのみ特化したLCCはビジネスマンにとってはありがたい存在であります。


だいたい、数時間しか乗らないのに食事が出されたり、飲み物やお菓子が出されたりするのは無駄であるとしか言いようがありません。
LCCが安い理由は、余計なサービスを取り除き、本当に移動の手段として飛行機を利用するので、値段が安いのです。
また同じ飛行機メーカーから機体を大量に購入することによって、飛行機の機体の値段を下げて、設備を簡素化させています。
整備施設を他社に委託することにより、飛行機の整備員たちの人件費の削減をすることにも成功しているのです。
料金は安いですが、キャンセル時の払い戻しの条件が他の会社より厳しいというデメリットがある以外は、飛行機を移動の手段として利用することが多い方にとっては、余計なサービスもなくていいのではないでしょうか。
本サイトでは、LCCについて詳しく説明していきます。


▼管理人推奨リンク
LCC航空会社、バニラエア航空の価格がわかりやすく一覧で見れるサイトです → バニラエア 価格